2014年11月15日

七五三

今回は七五三について少し記事を書かせて頂きたいと思います。
本日11月15日は旧暦では何をするにも良い日とされ、また天和元年のこの日に江戸幕府第5代将軍徳川綱吉の長男、徳松の健康祈願として始まったとされるのが、この七五三参りです。

3歳、5歳、7歳のお祝いとして毎年お参り頂いておりますが、元はそれぞれ違う意味を持った儀式でした。

・3歳 ―髪置(かみおき)-
3歳になると、髪を剃る赤ん坊の髪形をやめ、髪を伸ばし始めます。
男女ともに行います。
・5歳 -袴着(はかまぎ)―
男の子が行う儀式で、この歳になると袴を着用し始めます。
・7歳 -帯解(おびとき)-
女の子が行う儀式で、今までの子供用の着物から、本仕立ての大人の着物と帯を着用し始める為の儀です。

これらの儀は全て数え年の年齢で行われていました。
子供の健康、無事の生育を祈願するご両親のお気持ちは、当時も現在も変わりない事と思います。
当社では、11月中の月間を通して七五三詣のご祈祷をお承りしております。

お下がりに健康長寿を祈願する千歳飴をお受け頂き、お参り頂きました事をご神縁と致しまして
皆様が益々ご多幸であられます事をご祈念申し上げます。




余談にはなりますが、先月秋祭りの記事を更新できませんでしたので、こちらに写真を掲載したいと思います。

016e33a43f423994363254e2204ef77d9e0006aefa.jpg01fd1a3b85f361774b72b427f5346d7745bb5abfdb.jpg




posted by 宮司 at 16:50| Comment(0) | 日記