2015年02月22日

祈年祭・流鏑馬奉納行事

今回は、去る2月17日に斎行されました祈年祭、またその奉納行事として本日2月22日に斎行されました流鏑馬行事について書きたいと思います。

祈年祭(きねんさい、またはとしごいのまつり)は、毎年2月17日に伊勢の神宮をはじめ、全国津々浦々の神社で斎行される大祭の一つです。
一粒万倍となり、作物の豊穣や諸産業の発展、そして何よりこの日本という国家が益々に繁栄する事を祈願する祭祀です。当社でも2月17日午前11時より、三木市長、兵庫県議会議員、三木市議会議員、風馬鳴弦会御代表様他、多数の御来賓、御関係者の方々にご参列を賜り、滞りなく斎行致しました。

そして本日22日には祈年祭奉納行事として、古式弓道の保存会である風馬鳴弦会(ふうまめいげんかい)の皆様により、第9回目流鏑馬の奉納がございました。
流鏑馬行事は古来より国家平穏を祈念し全国で奉納されています。

本日はあいにくの天候で終始雨天ではございましたが、幸いにも午前中に予定していた神馬巡行行事、午後に予定していた流鏑馬の奉納共に大降りに見舞われることなく斎行する事が出来ました。

IMG_0262.JPG
木曽馬(きそうま)

流鏑馬をご奉納頂いた風馬鳴弦会は、三木の地に伝わる古流や弓馬の古流派を研究されており、馬と共に行う祭礼の復興を目的に結成された会です。弓道においては会員全員が現代弓道有段者で、乗馬も経験者であるとの事です。
風馬鳴弦会の御代表の方によりますと、武家が弓馬で戦っていた鎌倉〜室町時代に成立した弓馬の流派の源流が三木にある事がわかってきたそうで、大正時代に調べられた美嚢郡誌にも多くの馬術祭礼が残っているそうです。また当大宮八幡宮でも、武家の氏神として崇敬され、昭和49年まで連綿と流鏑馬行事が奉納されていたとの事です。
以来諸事情により途絶えていましたが、平成18年より風馬鳴弦会が結成、同年より流鏑馬が奉納され、復興より本年で9年、第9回目となりました。
また結成以降ご奉納頂いている流鏑馬は木曽馬という、鎌倉〜室町当時に乗られていた日本在来の馬に乗り、当時により近い形で奉納して頂いています。

以上が由来となります。

射手による流鏑馬奉納の後には、流鏑馬体験もございました。

IMG_0260.JPG

的の前に静止した状態であっても、なかなか的を射る事は難しいようですが、中には見事命中した方もいらっしゃいました。流鏑馬体験は、人数の都合上、午前11時より神馬巡行行事が行われている際に境内にてお申込み頂いていた方のみのようでしたが、体験して頂いた方には、縁起物として、射手が射抜いた割れ板をお持ち帰り頂きました。
IMG_0263.JPG

本年もご奉納頂いた風馬鳴弦会の皆様、また境内にご参集頂きました皆様に、この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。




posted by 宮司 at 17:39| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: