2014年11月15日

七五三

今回は七五三について少し記事を書かせて頂きたいと思います。
本日11月15日は旧暦では何をするにも良い日とされ、また天和元年のこの日に江戸幕府第5代将軍徳川綱吉の長男、徳松の健康祈願として始まったとされるのが、この七五三参りです。

3歳、5歳、7歳のお祝いとして毎年お参り頂いておりますが、元はそれぞれ違う意味を持った儀式でした。

・3歳 ―髪置(かみおき)-
3歳になると、髪を剃る赤ん坊の髪形をやめ、髪を伸ばし始めます。
男女ともに行います。
・5歳 -袴着(はかまぎ)―
男の子が行う儀式で、この歳になると袴を着用し始めます。
・7歳 -帯解(おびとき)-
女の子が行う儀式で、今までの子供用の着物から、本仕立ての大人の着物と帯を着用し始める為の儀です。

これらの儀は全て数え年の年齢で行われていました。
子供の健康、無事の生育を祈願するご両親のお気持ちは、当時も現在も変わりない事と思います。
当社では、11月中の月間を通して七五三詣のご祈祷をお承りしております。

お下がりに健康長寿を祈願する千歳飴をお受け頂き、お参り頂きました事をご神縁と致しまして
皆様が益々ご多幸であられます事をご祈念申し上げます。




余談にはなりますが、先月秋祭りの記事を更新できませんでしたので、こちらに写真を掲載したいと思います。

016e33a43f423994363254e2204ef77d9e0006aefa.jpg01fd1a3b85f361774b72b427f5346d7745bb5abfdb.jpg




posted by 宮司 at 16:50| Comment(0) | 日記

2014年10月05日

祝田社本宮祭

本日は午前10時より祝田(はふりた)社本宮祭を斎行致しました。
台風も接近しているという事でここ数日天候が心配でしたが、無事に良い天気の中で執り納める事が出来ました。


祝田社は拝殿の東側、天神社付近にお祀りしている摂社です。
播磨国風土記にもその社名が記載されており、この風土記が編纂されたと考えられる西暦713年頃には
既に、現在のご本殿の裏の山上にて崇敬篤くお祀りされていたようです。

玉帯志比古大稲男命(たまたらしひこおおいなおのみこと)
玉帯志比売豊稲女命(たまたらしひめとよいなめのみこと)

という、2柱の男女神をお祀りしておりまして、農耕・豊作、縁結びの神様でございます。


本日は総代、関係者の方々に多数ご参列を頂き、ご参列頂いた方々をはじめ、氏子地域の皆様が
良いご縁を授かられ、益々ご発展なされます事をご祈念致しました。

来週の土曜日と日曜日、10月11日・12日は秋祭り(例祭、神幸祭・還幸祭)が斎行されます。
境内も秋祭りに備えて準備が進み、いよいよといった感じがします。

例祭は11日午後5時より斎行され、同刻には各氏子地域の屋台の宮入りもございます。
詳細をご希望の場合は当社までご連絡ください。

皆様のご参拝をお待ちいたしております。

01e9055e182364b5028df3fc193b2c9f4366c84775.jpg











posted by 宮司 at 17:25| Comment(0) | お祭り

2014年09月15日

尾引稲荷春祭り

本日は境内摂社、豊作の神様尾引稲荷社の秋祭りを斎行致しました。
3月に斎行しました春のお祭りでは今年一年が豊作の良い年になります事をご祈念致しましたが
本日の秋祭りでは、今年も神様の御恵みを頂いて豊かな年となりました事を感謝致しまして
日本の諸産業が益々発展されます事をご祈念致しました。

011ab846adcc5833852f8ecf2497bb6849cca29baf.jpg
本日は敬老の日です。現在は9月第三月曜となっていますが、以前は9月15日。今年は以前と同じ日にちの敬老の日です。今日知りましたが、敬老の日をはじめに提唱された方は兵庫県の方だそうです。

この連休で家族で団らんされた方も多いのではないでしょうか。
今日は私も、祖母に電話をし日頃の感謝を伝えてみたいと思います。


さて来月には、当社の本宮である境内摂社、祝田社の本宮祭(10月5日)、屋台の宮入り等で親しまれております秋祭り(例祭10月11日・神幸祭12日)等祭典を斎行致します。
秋祭りは大変賑わいますし、当社でも大変意義深いお祭りでございます。
是非お参り下さいませ。



posted by 宮司 at 18:07| Comment(0) | 日記